犬や猫も風邪を引く

青いカプセルが転がっている

ペットの感染症に気をつけよう

ペットを飼った経験はありますか?では、その時飼っていた犬や猫といったペットが病気にかかったことありませんか?
病気といっても身体の内部を悪くするものから身体の外側、皮膚病などにかかることもあると思います。
そんなときは動物病院に行ったり薬を買ったりしますよね。

食べさせる物が人間と同じだと塩分が濃かったりしてあまり動物には良くないものもあります。
そういったものから来るペットの不調は飼い主が与えないように気を付ければ未然に防ぐことができますが、細菌から来る不調は特に普段から気を付けていないと防ぐことができないときもあります。
室内犬が増えたとはいえ犬は散歩で外に出たり、飼い猫でも家から出て近所をうろちょろしているなんてお家もあるのではないでしょうか。そうなると外で様々なものに触れたり、ダニやノミが寄生することもあると思います。
また、犬はリードをしているので他の犬と喧嘩することはありませんが、猫はリードもしてなければ見ていないところで喧嘩をしていることがあるので怪我をして帰ってくることもあると思います。
そうなると傷に細菌が入らないように気をつけないといけませんし、細菌が入ってもその細菌を増殖させないように気をつけないといけません。

犬風邪、猫風邪を予防しよう

ペットを飼う上で知っておかないといけないのは、犬や猫も風邪を引いたり病気になることです。
犬や猫も細菌に感染し風邪を引きます。しかし犬や猫に手洗い、うがいをさせるなんて不可能です。
犬や猫などのペットが風邪や病気にならないようにするには、普段から様々なことに気をつける必要があります。

犬を飼っている人が犬風邪(ケンネルコフ)の予防で気をつけることは、犬を入れているケージやエサを入れる食器、家の中の消毒をして常に清潔な状態を保つことです。
また、犬を多頭飼いしている場合は、部屋の換気や湿度の管理に注意する必要があり、一頭触る度に手を洗うということも犬風邪予防に繋がります。
電車や飛行機などを利用した犬や犬風邪の兆候がある犬、子犬から隔離するということも他の犬に感染を広げないために必要なことです。
猫も同じように多頭飼いしている場合は、猫風邪の兆候がある時は隔離するようにしましょう。
また犬も猫もワクチンを定期的に摂取することも風邪を予防するためには大切です。
気をつけていてもかかってしまった場合は、アジーなどの抗生物質を投与して細菌の増殖を抑えましょう。

ウイルスに感染したときは

ペットを飼うと切っても切り離せないのはペットの風邪です。
ペットの体調が悪そう、風邪を引いたという時はまず動物病院に行って獣医師に診察してもらい、相談するようにしましょう。

犬や猫の風邪の原因となる菌には、クラミジアやマイコプラズマ、炎症などの原因のマラセチアといったウイルスがあります。
クラミジアは、猫であれば気管支炎を起こしたり、肺炎や目ヤニの原因となっていて、犬が結膜炎を起こす原因のウイルスでもあります。
この時の猫の目ヤニを触った後に自分の目をこすると角膜炎や結膜炎になる恐れがあるので触った後はよく手を洗うか、目ヤニを取る時は湿らせたガーゼかティッシュで服など気を付けましょう。
マイコプラズマは、人間と同じで犬や猫もマイコプラズマ肺炎にかかる原因になるウイルスで、マラセチアは皮膚炎と外耳炎を起こしやすく、症状が長引くと皮膚が黒っぽくなったり、分厚くなったりします。
アジーは、これらのウイルスの増殖を防ぎ、炎症、化膿、感染症といった様々な症状に効果がある抗生物質です。

アジーは通販でも購入することができますが、使用する時は獣医師の診断無しで使用しないでください。自分のペットが大切なら獣医師の指示に従い使用するようにしましょう。

予防していても風邪は引く

色の違う錠剤

家族同然のペットが風邪を引かないように動物病院でワクチン接種したり家の中でも気を付けている。それでも風邪を引くことはあります。そんな時は風邪、感染症に効果的なアジーを使用してはいかがですか?

猫の口内炎に効果的

未開封の薬

猫も人間と同じように口内炎にかかります。しかし、猫の口内炎の原因は感染症などから来ている可能性もあるので放置してはいけません。アジーはそんな猫の口内炎に効果的なお薬です。

ペットの薬の服用方法

薬を指に乗せている

人間は薬を自分で買って自分で水で服用することができますが、犬や猫などのペットは自分だけでは服用することができません。犬と猫の薬の服用方法を説明しています。ペットが風邪を引いた時はアジーなどの薬を服用させてあげましょう。

人気記事

小さいタイプの薬

「アジーはペットの様々な風邪、感染症に効果があります。」の人気記事です。